『時のオランジェット』に込めた想い

こんにちわ、×Chocolat(カケルショコラ)のakiです。今日は初めて販売する商品、『時のオランジェット』についてお話ししようかなと思います。

きっかけ

販売しようと思ったきっかけはインスタグラムでした。2020年の8月からいくつか投稿を始めて、初めてオランジェットを投稿したのはその年の12月のこと。
まだフォロワーさんも200人くらいだった頃に、1600ものいいね!を頂いて。驚きとともに、みなさんのオランジェット愛を知ることになりました。

それからも、写真をイラストにしてくれる人が居たり、額に入れて家に飾りたいなんていうツワモノや、何故売っていないのか恨み言を言われたり(笑)とまぁ、自分にとっても思い出深いお菓子となっていきました。

なので、最初に販売する商品は絶対オランジェット!と決めていました。

ただ、世の中にはオランジェットというお菓子はありふれています。オレンジのシロップ漬けにチョコレートをかけただけの、極めてシンプルかつ王道のチョコレート菓子。専門店はもちろん、スーパーやコンビニでもその姿を目にすることがあります。

そんな中で、自分が表現するオランジェットはどのようなものか。ずっと模索していました。

『時』というワード

動画を見てもらえれば分かるかと思うんですが、オランジェットってものすごく時間と手間がかかるお菓子なんです。初めて作った時は7日間。今に至っては10日間かけています。

最初は何の変哲もないオレンジの輪切りが、次第に透き通っていき最後にはステンドグラスのように輝く。その過程は作るというより、育てる、と言った方がしっくりくるかもしれません。

そして完成後は一つ一つ包装していますが、実はそれからも少しずつ変化しています。最初はオレンジらしいフレッシュな香りと柔らかな食感。それから時間が経つにつれて熟成し、角が取れて全体が調和していきます。

そんな少しずつ、でも確実に変化していくオランジェットで、時間の流れを感じてもらいたいなと思いました。

毎日変わらないように思える生活も、実は少しずつ変化していて。季節は変わっていくし、体は確実に年老いていく。今の当たり前が、明日には変わっているかもしれない。そんな世界だからこそ、その一瞬一瞬を大事にしたいな。そういう想いを込めました。

一人で、または大切な誰かと、時間をかけて変化を楽しむも良し。
大勢で、その瞬間の味わいを楽しむも良し。

ぜひ、それぞれのその『時』を楽しんでもらいたいなと思います。

材料について

本みりん

本ミリンを使っていると聞いて、驚かれる方も多いかもしれません。普通お菓子には使いませんからね。

一般的なオランジェットは、水とグラニュー糖で作ったシロップに漬けて作ります。毎日砂糖を足しては溶かし、少しずつ糖度を上げていきます。僕も初めはそうやって作っていました。

ですが砂糖を足すたびに罪悪感というか、一種の違和感を覚えていました。白砂糖が敬遠されつつある世の中で、こんなに砂糖を使ったお菓子を作っていていいのか?と。

そこから、さまざまな甘味料を試してみました。初めはきび砂糖や黒糖から。そして三温糖、てんさい糖やエリスリトールまで。ですがどれも納得がいかず。色が濃すぎたり、結晶化で固くなってしまったり、風味が独特でオレンジが消えてしまったり。

どうしようか悩んでいた時にふと目に留まったのが、自身が挑んでいたコンクールのレシピでした。

そのコンクールは、ワールドチョコレートマスターズというもの。3年に1回、フランスのパリで行われるチョコレートの大会で、各国の予選を勝ち抜いた代表選手が世界一のショコラティエを目指して戦う、最高峰の大会です。

世界的にも砂糖が敬遠される流れの中で、その大会のお題にも、砂糖・人工甘味料を抑えることという内容がありました。そして自分が作ったレシピの中に、ミリンを使っていたんですね。日本独自のものですし、海外の方にも興味を持ってもらえるかなと思って。

灯台下暗しとはまさにこの事。

それからは色んなミリンで漬け込む日々。そもそもミリンでオランジェットなんか作ったことないですし、そんなレシピも存在しません。分量も、作り方も一から手探りでのスタートです。

さらにミリンと一口にいっても種類は様々。蔵によっても風味が違いますし、色んな地方のミリンを試してみました。最終的にはミリンの本場、愛知県の三河地方のものを使うことに。そして作り方も砂糖のように足して糖度を上げることができないので、煮詰めて糖度を上げることに。

ミリンを使ったことによって思わぬ効果も。独特の照りや、深い色。そして奥行きのある優しい甘さ。そして同じ発酵食品としてのチョコレートとのマリアージュ。こうして、グラニュー糖を使っていては作れなかったオランジェットが出来上がりました。

チョコレート

チョコレートについてはその時々のオレンジの風味に最適なものを選んでいます。基本的にはフランスのカカオバリー社かヴァローナ社のもので、フルーティーなものをチョイスして使っています。

オレンジ

オレンジは時期によりバレンシア種かネーブル種を使います。バレンシア種は身がしっかりとしていて煮崩れしにくく、オランジェットにするには最適な品種です。ネーブル種は実が柔らかく、どちらかというと生食向きの品種です。

通年販売するものについてはスペイン産やオーストラリア産が主ですが、国産のオレンジの時期になれば限定で作る、ということもやりたいなと思っています。

保存方法とお召し上がり方

保存については25℃以下の直射日光を避けた常温でお願いします。冷蔵庫で保管すると固くなる可能性がありますので、ワインセラーなどもおすすめです。
チョコレートのかかっているところ、無いところ。それぞれの違った表情をお楽しみいただけます。
コーヒーやワイン、ウイスキーなどと合わせると、また新しいマリアージュがお楽しみいただけます。

販売について

販売については不定期となります。少しずつしか作れませんので、売り切れ次第終了となります。また製作に時間がかかるため、月に1〜2回程度の販売です。
情報はインスタグラムにてお知らせしていますので、そちらをチェックして下さい。

sponsored link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

1984年生まれの大阪在住。 社会人として12年の間、洋菓子業界を様々な視点から経験。現在はフリーランスのショコラティエとしてメディア運営や企業コンサルタントを中心に活動中。